徳島の注文住宅メーカーを厳選比較で紹介!口コミ人気の高い高性能・高品質な住宅を提供しているおすすめの会社をまとめました!

「高気密・高断熱」の住宅って本当に高いの?ランニングコストで考える高性能住宅

公開日:2021/06/18

「高気密・高断熱」の住宅と聞くと、費用が高いイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし実際のところ、ランニングコストを考えると、高性能住宅はお得と言えます。そこでこの記事では、高性能住宅のコストについて解説します。「高性能住宅を建てたいけど費用面が心配」という人は、ぜひ参考にしてください。

高気密・高断熱とは?そのメリットは?

そもそも高気密とは、建物と外部の隙間を限りなく少なくして空気の出入りを最小限にすることを指します。一方で高断熱とは、外壁と内壁の間に断熱材を使用して、室温が外気の影響を受けにくくすることです。これらの機能を兼ね備えた住宅を、一般的に「高性能住宅」と呼びます。

高性能住宅を造ることで、家全体が密閉・保温された空間になります。その結果、夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冬は部屋の熱が外へ放出されるのを防ぐことが可能です。

高性能住宅は家に出入りする熱量を防ぐため、冷暖房の効率を上げることにもつながります。冷暖房の効率が高まるとその分エネルギー消費が少なくなり、光熱費を抑えることが可能です。このように高気密・高断熱な住宅は、家計にも優しい住宅と言えます。

高性能住宅は本当に高いの?

先ほど述べたようにメリットの大きい高性能住宅ですが、「性能がよくても価格が高そう…」「家は住んだらどれも同じでしょ?」「高性能じゃなくても最近の家の品質はよいから問題ない」と思う方も多いのではないでしょうか?しかし実際のところ、その認識は間違っています。

なぜなら多くの人は住宅を建てるとき、建築費⽤や⼟地取得費⽤、諸費⽤のことばかり考えて「ランニングコスト」まで考慮していないからです。ランニングコストとは、食費や電気代、ガス代のように、人が生活をする中で毎月必要になる支出のことです。ランニングコストを考えると、高性能住宅は一般的な住宅と比べて、お得であると言えます。

とはいえ「本当に高性能住宅の方がお得なの…?」と疑問に思う方に向けて、次に高性能住宅と一般的な住宅の、住宅ローンと電気代の違いを比較します。⼀般的な住宅の建築費と住宅ローン、電気代は以下のとおりです。

・建築費…約2,100万円(30坪程度)
・住宅ローンの毎⽉の⽀払い…約6万1000円/⽉(⾦利1.2%)
・電気代…約2万5,000円〜3万円/⽉(3〜4⼈家族の場合)

一方で、高性能住宅の建築費と住宅ローン、電気代は次のようになります。

・建築費…2,300万円(30坪程度)
・住宅ローンの毎⽉の⽀払い…約6万7,000円/⽉(⾦利1.2%)
・電気代…約1万円〜1万4,000円/月(3〜4⼈家族の場合)

高性能住宅は一般的な住宅と比較して住宅ローンは高いですが、電気代は大きく抑えられていることがわかります。まとめると、一般的な住宅の住宅ローンと電気代の合計⾦額は8万6,000〜9万1,000円なのに対し、高性能住宅の住宅ローンと電気代の合計⾦額は7万7,000円〜8万1,000円です。

このように毎⽉のランニングコストをみると、両者には毎⽉約1万円の違いが出るとわかります。月に1万円の差があるということは、1年で12万円、20年で240万円の違いになります。つまりランニングコストを考えると、高性能住宅は一般的な住宅よりもコスパが良いということです。

将来的には高性能住宅のほうがお得!

確かに高性能住宅は建築費だけで見ると、一般的な住宅と比較して高いです。しかし、エネルギーの効率的な活用で、毎月の電気代やガス代などの固定費を節約できます。そのため高性能住宅は10年、20年と年⽉を重ねるごとに、お得感が増す家と言えるでしょう。

また費用面でのお得さだけでなく、高性能住宅は家の中での快適性も高いです。さらに高性能住宅なら、将来のメンテナンス費⽤も抑えられます。このように高性能住宅は魅力が豊富であるため、今から住宅を建てようと考えている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

また、もしあなたが快適な家を建てたいなら、中途半端な「高気密・高断熱住宅」にしないことが大切です。高性能住宅を検討するなら、気密性能C値や断熱性能Ua値などの性能地をしっかり確認しましょう。また、「高断熱」だけの家づくりはしないことも重要です。なぜなら「高気密」でないと、ランニングコストは⼀般住宅と変わらないからです。家を建ててから後悔しないためにも、安さ重視の家づくりをしないよう注意することをおすすめします。

 

家づくりの計画は、家族それぞれで重視するポイントが違います。その中でも新築の家に「快適性」や「ランニングコストの削減」などを考えている⽅は、「高気密・高断熱の住宅」を検討してみてもよいかもしれません。まずは、高気密・高断熱住宅の専⾨会社へ相談してみてはいかがでしょうか?

【徳島】おすすめ注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名R+ハウス徳島西株式会社はなおかケントホームズラッフルズホームアイフルホーム 徳島北店/徳島南店
特徴高性能住宅でありながらデザイン性の高い住宅を提供建築棟数は年間100棟以上!徳島県内ではトップの棟数品質・デザイン・価格の3つにこだわった家づくり徳島で65年以上家づくりを行ってきた地域に根ざした会社子育て世代も納得のキッズデザインが魅力
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索