徳島の注文住宅メーカーを厳選比較で紹介!口コミ人気の高い高性能・高品質な住宅を提供しているおすすめの会社をまとめました!

耐震等級が高い注文住宅を建てるメリット・デメリットとは?

公開日:2022/05/15


住宅を建てるなら地震対策が必須なことは、徳島県内も例外ではありません。徳島県は有史以来、大きな地震に何度も襲われていますし、南海トラフ地震などを心配している方も多いことでしょう。そこで知っておきたいのが耐震等級についてです。たとえば耐震等級が高い住宅にあるのは、必ずしもメリットばかりではないことを知っていますか?

耐震等級は3つのランクに分けられる

耐震等級とは、建物の地震への強さを等級で表したもので「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」によるものです。1から3の3段階になっており、最も基本になるのが「耐震等級1」、日本で新しく建てられる住宅などは、耐震等級1以上を満たしていなければならないことが、建築基準法で定められているのです。

耐震等級1

震度6〜7の地震でも、1度なら耐えることができるのが耐震等級1です。震度6なら阪神・淡路大震災クラス、震度7なら東日本大震災クラスですから、建築基準法で定められた最低の基準とはいえ、結構な強度を持っていることがわかることでしょう。相当な地震に襲われてもすぐに家が倒壊することはなさそうです。ただし余震によるダメージの蓄積が心配されますし、大規模な修繕が必要になるでしょう。

耐震等級2

等級1の1.25倍の耐震性を持つとされ、学校や体育館、病院などが満たさなければならない耐震等級です。国が定めた「長期優良住宅」基準をクリアするのにも必要とされています。大きな地震に見舞われても倒壊する心配はなく、修繕をおこないさえすれば住み続けることはできるはずです。

耐震等級3

等級1の1.5倍の耐震性を持つとされる最高等級です。注文住宅を建てるメーカーの多くが耐震等級3をうたっていますが、注意したいのは「相当」という言葉が使われる場合があること。「耐震等級3」とは本来、第三者機関による住宅性能評価を通過して、はじめて得られるものなのです。一方で耐震等級3「相当」は住宅性能評価を受けてはいないが、同等の耐震性を持つという意味です。両者は似ているようで、異なった意味を持っていますから、十分な注意が必要になります。

耐震等級が高い注文住宅を建てるメリット・デメリット

大きな安心感が得られる以外に、耐震等級の高い注文住宅を建てるメリットはあります。たとえば地震保険料が安くなる、耐震等級の高さに応じて割引を受けることができますから、等級3なら50%の保険料で加入することができるのです。また住宅ローンの金利が下がるのもメリット、一定条件を満たすことによりフラット35Sの利用ができますから、有利な条件でローンを組むことが可能になるのです。

忘れてはならないデメリット

一方で耐震等級を上げることでのデメリットも忘れてはいけません。たとえば最大の耐震等級のものはコストがかかります。地震に強い注文住宅を建てるには、柱や梁をつなぐ金物を強化したり、筋交いや耐力壁を増やす必要があり相応のコストがかかってきますし、第三者機関による認定を受けるためにも10〜20万円程度のコストがかかります。

また思い通りの間取りにならないのもデメリット、耐震等級を上げるために広々としたリビングやガレージハウスはあきらめる必要があるかもしれません。注文住宅ならではの間取りの自由さを犠牲にしなければならないのですから、シビアな判断になりそうです。

注文住宅における耐震等級以外の地震対策

免震・制振装置を組み込むのが、一般的な地震対策として知られています。免震とは揺れを伝えないための、制振とは揺れを吸収するための仕組みで、揺れに耐えるための強度をあらわす耐震とは異なる考え方です。全てのメーカーが免震・制振に対応しているわけではありませんし、絶対的なものではありませんから導入には慎重さが必要になりますが、大きな安心を与えてくれるでしょう。

住宅メーカーを選ぶ

地震に強い家を建てるということは、強い「であろう」家を建てるということです。ご自身の家が実際の地震に耐えられるかどうかは、本当に揺れが来てみなければわかりません。そして耐震・免震・制振のいずれも、安心感を得るためのものでしかないのです。基礎はどうする?構法はどうする?屋根や壁の軽さは?仕事に抜かりはなさそう?地震に対する安心感は、結局住宅メーカー選びにかかっているのです。そのために必要になるのは、ご自身で住宅の勉強を進めることです。信頼できる基礎や構法を持つ注文住宅を建て、安心できる毎日を送ってください。

 

地震対策として施主さんができるのは耐震等級が高い、構法が信頼できるなど、ベストと判断した住宅メーカー選びです。幸いなことに徳島県内には住宅メーカーが豊富にあり、それぞれが地震への強さをうたっています。もし地震対策の優先順位が他の要素よりも高いなら、いくつものメーカーから話を聞き、最も納得できる地震対策をおこなっているメーカーを選びましょう。安心安全な毎日は、住宅メーカーにかかっているといっても、過言ではないのです。

【徳島】おすすめ注文住宅メーカー5選

イメージ
評価ポイント
会社名R+ハウス徳島西株式会社はなおかケントホームズラッフルズホームアイフルホーム 徳島北店/徳島南店
特徴高性能住宅でありながらデザイン性の高い住宅を提供建築棟数は年間100棟以上!徳島県内ではトップの棟数品質・デザイン・価格の3つにこだわった家づくり徳島で65年以上家づくりを行ってきた地域に根ざした会社子育て世代も納得のキッズデザインが魅力
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧