徳島の注文住宅メーカーを厳選比較で紹介!口コミ人気の高い高性能・高品質な住宅を提供しているおすすめの会社をまとめました!

費用面の負担を軽減!注文住宅の建築コストを抑えるテクニックとは?

公開日:2021/10/15

注文住宅は自分の理想の家を建てられる方法として人気がありますが、いろいろと詰め込み過ぎた結果、予算を大幅にオーバーしてしまったと後悔する方は少なくありません。今回は、費用の負担をできるだけ軽減するためにはどうすればいいのか、注文住宅の建築コストを抑えるテクニックをご紹介します。

予算をオーバーしてしまう原因とは?

注文住宅で予算をオーバーしてしまう原因はいくつかあげられます。まず、いろいろと理想を詰め込み過ぎることが原因です。

1から自分の好きにできる家を作れるとなると、あれも入れたい、これも入れたいとつい欲張りになってしまいますが、後から考えたらほとんど使わない設備を取入れてしまうケースも少なくありません。注文住宅を建てる際には即断即決をせず、時間をおいて冷静になることが重要です。

2つ目に金銭感覚が麻痺することがあげられます。注文住宅は2,000万円~3,000万円前後の費用がかかりますので、金銭感覚が麻痺してしまい、10万~20万程度オプション設備が増えようとも何とも思わなくなってしまうのです。多少予算オーバーしてもローンで支払えば大丈夫と考えてしまった結果、大幅な予算オーバーにつながります。予算をオーバーする際には1度冷静になり、削れる所をとことん削っていくべきでしょう。

3つ目に施工業者が原因の場合があげられます。施工業者によっては建築費用の名目で、よくわからない内訳の費用を追加請求してくるような所もあります。

悪質な施工業者に余分な費用を請求されることがないように、見積もり書の内訳はしっかりと確認することを忘れてはいけません。見積もりで不明な部分がある場合は、必ず施工前に確認するべきでしょう。また同じ施工内容でも、依頼する施工業者によって金額は大幅に異なりますので、相見積りを出すことも大切です。

注文住宅の建築コストを抑えるテクニック!

注文住宅の建築コストを抑えるためにはまず、自分達が注文住宅で譲れないポイントを3つあげましょう。家族が3人であれば9つ譲れないポイントが出てくるはずです。それぞれが譲れないポイントだけはそのまま残しておき、他の部分を極限までカットしていきましょう。予算がオーバーしている場合は思いきってカットするくらいがちょうどよいです。

次に、内装部分が自分達で作れそうな部分は、自分達でDIYしましょう。注文住宅を建てる際に備え付け棚など細かい部分も依頼する方は多いですが、大抵の付属品は後から自分達でつけられます。

施工業者に頼むのは自分達では絶対にできない部分のみにして、できる部分は自分達で行うことも、建築コストを抑える上で重要です。配線工事や壁など住宅の基板となる部分は施工業者を頼り、DIYできるところを自分達で行うだけでも、費用を何百万円単位で減らせるケースは少なくありません。

そして構造は極力シンプルにするということが重要になります。家の形や屋根の形、間仕切りを増やしたい気持ちはわかりますが、施工工程が増えれば増えるほど、注文住宅は費用が高くなります。

間仕切りは後からパーテーションなどで自分でも簡単に取り付けられますので、無理して施工段階で設置することはありません。家の形を複雑にしてしまえばしまうほど、使い勝手が悪くなる可能性も高いため、注文住宅を建てる際にはシンプルイズベストの精神で臨んだ方が賢明です。

他にも、利用する素材の見直しや、照明やエアコンを自分達で設置するだけでも金額は大幅にカットできます。水回りをワンフロアにまとめることも予算を抑える上で重要なポイントです。予算をオーバーさせないためにすべてを諦める必要はなく、ちょっとした工夫をするだけでOKということを頭に入れておきましょう。

費用を抑えるためにカットするべきでない箇所

建築費用を抑えようとさまざまな部分をカットした結果、後悔するケースもありますので気をつけましょう。たとえば、地震対策装置やセキュリティ面、断熱材や外壁部分に関しては、多少費用がかかってもカットするべきではありません

これらをカットすると暮らしやすさに直結する可能性があり後悔につながります。日頃から快適に、安心して生活するためにも、予算を削ってよい所といけない所があるということは忘れてはいけません。

また日頃からよく利用する水回りの装備や、キッチンに関しても削減しすぎない方が安心です。こちらも下手に予算をカットしすぎると使いにくくなってしまっているため、ストレスが溜まる可能性があります。

お金をかければ必ず理想の家が建つという訳ではありません。予算と使いやすさを考えて、妥協してよい部分と妥協するべきではない部分を考えると、注文住宅で失敗する事はなくなるでしょう。

 

注文住宅はこのように、ちょっとしたポイントを抑えると費用を安く抑えることができます。費用の負担を減らすためには、1にも2にも計画を練ることが大切です。ただ予算を抑えることだけを考えるのではなく、暮らしやすさと安心安全が保証された家を建てるためにも、譲れない部分と譲ってよい部分を考えて建築を始めましょう。

【徳島】おすすめ注文住宅メーカー5選

イメージ
評価ポイント
会社名R+ハウス徳島西株式会社はなおかケントホームズラッフルズホームアイフルホーム 徳島北店/徳島南店
特徴高性能住宅でありながらデザイン性の高い住宅を提供建築棟数は年間100棟以上!徳島県内ではトップの棟数品質・デザイン・価格の3つにこだわった家づくり徳島で65年以上家づくりを行ってきた地域に根ざした会社子育て世代も納得のキッズデザインが魅力
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧