徳島の注文住宅メーカーを厳選比較で紹介!口コミ人気の高い高性能・高品質な住宅を提供しているおすすめの会社をまとめました!

シューズクロークって便利?注文住宅に必要?

公開日:2022/09/15


注文住宅を建てる際に、収納スペースは沢山あるほうが良いと考える方は多いです。その中でも、衣類や靴、小物類を多く持っているご家庭では、シューズクロークを作るかどうか悩むのではないでしょうか。本記事では、収納スペースとして注目されているシューズクロークについてメリットやデメリットをお伝えします。

シューズクロークとは

シューズクロークと聞くと、靴を収納するスペースをイメージされるかもしれません。しかし、靴だけでなくコートや季節用品、自転車、ベビーカーなどさまざまなものを収納することができるのです。シューズクロークといっても、いくつか種類がありどのようなシューズクロークを設置するのかで、利用用途は異なると言えるでしょう。

シューズクロークは、一般的に玄関周りでの使用するものを収納するスペースをさしますので、玄関に隣接して設置します。そのため玄関の広さにも関係してくると言えます。まずは、シューズクロークの種類をみていきましょう。

ウォークインシューズクローク

設置されている入り口が1ヶ所なのがウォークインシューズクロークです。狭い玄関の場合も設置しやすくなっていて、玄関横に小部屋を作るような間取りになります。物置のような感じで利用できます。広さは1畳ほどあれば人が出入りしやすいです。

ウォークスルーシューズクローク

出入口が2ヶ所なのがウォークスルーシューズクロークです。通り抜けができるので、玄関から入ってシューズクロークを通って部屋に行くことができます。生活動線がスムーズになるというメリットがあります。ただし、収納力はウォークインシューズクロークのほうが高いです。

シューズクロークと下駄箱との違い

靴を収納できるシューズクロークは、下駄箱とどのように違うのか気になる方もいるでしょう。下駄箱との違いは、靴だけを入れるかどうかという点です。下駄箱は靴の収納に特化していますが、シューズクロークは、靴以外も収納できます。もし靴だけ収納できれば良いという場合は、シューズクロークは必要無いでしょう。

シューズクロークのメリット・デメリット

シューズクロークを設置するメリットとデメリットをまとめておきます。

収納スペースが増える

シューズクロークがあることで、収納スペースが増えます。靴以外も沢山収納できるのがシューズクロークのメリットです。また、生活動線もスムーズにできるので、より生活しやすい住まいになると言えるでしょう。

整理整頓、清掃が大変

シューズクロークがあると、清掃が大変です。シューズクロークの中には、さまざまなモノを収納しますので、常にどこに何があるのか把握できるようにしておかなければいけません。整理整頓が苦手、清掃が苦手という場合は、シューズクロークの中がぐちゃぐちゃになってしまう可能性もあるでしょう。シューズクローク内の空間を快適にするために、小窓や換気扇をつけておくようにしてください。

間取り・用途に合ったシューズクロークを設置しよう

シューズクロークを設置する場合は、間取りや用途に合わせて検討する必要があります。

シューズクローク内の収納棚の種類は?

シューズクローク内で、どのように収納棚を設置するのかによって収納力に違いが出てきます。より使いやすく収納しやすいように収納棚を設置してください。3面に棚を置くことができるU型は収納力が抜群ですが、この場合は、クローズタイプの扉でなければいけません。

シューズクロークの扉の種類は?

シューズクロークの扉は「オープンタイプ」と「クローズタイプ」の2種類があります。

オープンタイプは扉が無いという状態で、クローズタイプは扉がある状態になります。扉が無い場合、出入りはスムーズにできますが、外から中が丸見えということがあるため、注意が必要です。扉の代わりになるカーテンやロールスクリーンを取り付けると良いでしょう。

クローズタイプは、扉をつけるため費用は高くなります。また、閉め切っていると湿気がこもる、ニオイがこもるというようなことも起こりやすいでしょう。収納力は高い点はメリットですが、換気窓はつけておいたほうが良いです。

どのようなものを収納したいのか

シューズクロークにどのようなものを収納したいのか明確にしておきましょう。これによりシューズクロークの広さが変わってきます。また、生活動線に合わせた間取りにしなければ、シューズクロークがあっても不便だなと感じてしまう可能性はあります。間取りや生活動線、利用用途を考えて設置するようにしてください。

まとめ

シューズクロークは、収納力を求めるご家庭にとてもおすすめです。ただし、間取りや生活動線を考えて設置しなければ、設置した後に「こんなはずじゃなかった」ということも起こり得るため、よく検討して設置するようにしてください。実際にシューズクロークを設置されている事例などをたくさんチェックして、イメージしてみるのがおすすめです。

【徳島】おすすめ注文住宅メーカー5選

イメージ
評価ポイント
会社名R+ハウス徳島西株式会社はなおかケントホームズラッフルズホームアイフルホーム 徳島北店/徳島南店
特徴高性能住宅でありながらデザイン性の高い住宅を提供建築棟数は年間100棟以上!徳島県内ではトップの棟数品質・デザイン・価格の3つにこだわった家づくり徳島で65年以上家づくりを行ってきた地域に根ざした会社子育て世代も納得のキッズデザインが魅力
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧