徳島の注文住宅メーカーを厳選比較で紹介!口コミ人気の高い高性能・高品質な住宅を提供しているおすすめの会社をまとめました!

おうち時間をより楽しく!屋上のある注文住宅を建てる際に考えるべき点

公開日:2021/05/01


「屋上テラス」「ルーフバルコニー」「スカイテラス」と屋上にはさまざまな名前があります。「テラス」や「スカイ」など名前でもおしゃれな印象がありますね。しかし、屋根をなくして屋上を作るメリットをイメージしにくい人もいるでしょう。この記事では、そのような人へ向けて屋上の楽しみ方やデメリットも紹介するため、参考にしてください。

屋上の楽しみ方の例

気軽にアウトドアが楽しめる

公園や海岸では花火禁止、バーベキュー禁止としているところも多いですが、屋上があれば花火やバーベキュー、テントを張ってミニキャンプもできます。アウトドアを楽しめる施設や場所が遠ければ、行きたくてもなかなか踏み出せません。屋上は家の最上部にあるのでアクセスは最高です。道具がそろっていれば、思い立ったら即実行できるのもよいポイントといえるでしょう。

洗濯物を干すスペースができる

屋上は通行人の視線よりも上にあるので人の目に付きにくく、日当たりもよいので洗濯物を干す場所としても適しています。ベランダや室内で洗濯物を干している人も多いですが、家族の人数が増えれば洗濯物の量も増え、洗濯物を複数個所に分けて干している家庭もあるのではないでしょうか。これでは余計な移動がある分、家事の負担が増えてしまいます。

また、庭で干すという選択もありますが、外から洗濯物が見えてしまうことに抵抗を感じる人も少なくありません。屋上は日光が当たるので乾きやすく、人の目線よりも高い位置にありプライバシーも保護できるので洗濯物を乾かすスペースとして活用できます。

屋上庭園で快適な生活

環境問題改善のため、デパートや病院の屋上でも屋上緑化が進んでいます。家庭でも屋上があれば設置可能で、庭に充分な広さがなくても屋上でガーデニングが楽しめるでしょう。それだけでなく、屋上庭園はヒートアイランド現象の緩和にも役立ちます。ヒートアイランド現象は都市部になるほど気温が高くなる現象のことで、屋上庭園は建物にこもる熱を低減する効果があるようです。夏は室内温度の上昇を軽減し、冬は保温効果を得られることから温度変化が少なく、冷暖房のコストカットも期待できます。

子どもやペットの遊び場にする

安全対策をすれば、子どもやペットの遊び場としても活用できます。庭を遊び場にするのもよいですが、そのまま道路に飛び出して怪我をするリスクもあるでしょう。屋上であれば勝手に1人で外に出てしまう心配は不要です。しかし、やんちゃ盛りの子どもやジャンプ力のあるペットが柵に上って落下しないよう、安全対策をする必要があります。

屋上の家を建てるデメリット

家の本体価格が高い

屋上に物を置いたり出入りしたりすると、家に負荷がかかります。負荷を考慮すると頑丈な家にしなければならないので、家の本体価格が高くなるでしょう。また降雪量が多い地域では屋根に勾配をつけることで雪を下ろしていますが、屋上のある家では除雪しなければ住宅に大きな負荷がかかります。

雨漏りのリスク回避に定期的な防水工事が必要

屋上は屋根のように勾配がついていないので、雨が降ると雨水が溜まってしまいます。排水溝を取り付けることで改善はできますが、完璧ではありません。劣化が始まり雨漏りのリスクが高まるので、屋上には定期的な防水工事が必要となるでしょう。

安全性やプライバシー保護の対策が必要

ベランダから子どもが落下してしまったニュースがあるように、安全性を確保することが必要です。落下防止対策をするにはフェンスや柵を設置しましょう。

また落下防止だけでなく、プライバシーの保護も重要です。家の目の前の道路からは見えなくても、周辺の状況によってはさらに高い位置に住宅や公園、道路がある場合もあるので完全に見えないわけではありません。プライバシーも保護するためにはタープやオーニングテント、格子状に組まれた木製の柵であるラティスを設置するなどの対応が必要です。

屋上のある注文住宅を建てる際に考えるべき点

実績がある住宅メーカー・工務店に依頼する

屋上付きの家を建てる上でメーカーや工務店に求めたいものは、雨漏りのリスク回避のための対策、アフタフォロー、負荷に耐える充分な家づくりができる技術です。屋上付きの住宅を建てた実績があれば参考になり、気を付けておくべきポイントも経験上知っているかもしれません。まずは施工事例がある会社を探して相談してみましょう。

鉄骨造りで建てると安心

一般的な戸建て住宅は木造ですが、屋上がある家の場合は鉄骨造りがおすすめです。木造では木材に水がしみ込み、家が傷む原因となってしまいます。木造住宅で屋上を設置したいのであれば、施工実績がある住宅メーカー・工務店を調べましょう。防水工事が必要なので、その技術があるのかどうか見極めが必要です。

中古の場合は状態をしっかりと確認しておく

屋上付きの住宅を中古で購入する場合は、建物の状態をしっかりと確認しておきましょう。定期的な防水工事が施されていないようであれば雨漏りのリスクが高まり、防水工事に加えて修繕まで必要になるとコストがかかります。

 

屋上付きの住宅を建築するうえで大切なポイントを紹介しました。屋上や延べ床面積に含まれないので、土地が狭い場合は有効活用できる面積を増やすための手段にもなります。屋上付きの住宅は特殊なので、必ず施工会社に実績があるかどうか確認しましょう。

【徳島】おすすめ注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名R+ハウス徳島西株式会社はなおかケントホームズラッフルズホームアイフルホーム 徳島北店/徳島南店
特徴高性能住宅でありながらデザイン性の高い住宅を提供建築棟数は年間100棟以上!徳島県内ではトップの棟数品質・デザイン・価格の3つにこだわった家づくり徳島で65年以上家づくりを行ってきた地域に根ざした会社子育て世代も納得のキッズデザインが魅力
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索